ブルーライトで目が疲れていませんか?

ブルーライトが悪いと良く聞きますが、なぜ良くないのかご存じですか?

 

まずブルーライトはどこから出ている野でしょう?

ブルーライト自体は太陽や蛍光灯からも出ていますが、今問題になっているのはテレビ、パソコン、スマホなどです。

光源からの距離が近いほど影響が大きい事がわかっています。

影響の大きさは 液晶テレビ<パソコン<スマホです。

 

このブルーライトは波長が短いことが影響して目のピントが合わせ辛くなります。

そのため 目の筋肉がピント調節をし続けることにより、眼精疲労の原因になります。

また、強いエネルギーをもつブルーライトにより目の奥の像をうつす部分(黄斑部)が障害を受けて黄斑変性症の原因になると考えられています。

ちなみに黄斑変性症は視野の中心部が暗く見えたりゆがんで見えるなどの症状があらわれます。日本では増加傾向にあります。片目だけに症状があらわれることが多く、自分では病気に気がつかないこともあるので注意が必要です。

 

通常、目のレンズ(水晶体)にはルテインが含まれていてブルーライトが黄斑部に届くのを防いでいます。

そのルテインも年齢とともに減ってきます。

また、白内障で人工レンズにすることで黄斑変性症になるリスクが増したとの研究データもあります。

ルテインの含まれない人工的なレンズにより ブルーライトが防げなくなり黄斑変性症になるとのことです。

最近は人工レンズも光の刺激を少しでも防ぐために黄色のものが増えています。

その効果については研究途中ではないかと思います。

今では白内障の手術のタイミングを以前に比べると送らせることが一般的になりました。

 

ルテインは ほうれん草、にんじん、かぼちゃなどに含まれています。

積極的に摂りたいですね。

 

目には日内リズムを整える光受容体があり、昼間にブルーライトを浴びることで夜寝られるようになります。しかし夜までずっと浴びていると睡眠リズムが狂ったり眠れなくなる可能性があります。スマホはいつでもどこでもできるので特に気をつけた方が良いですよ!

夜 布団に入ってからスマホを見ていないですか?!